評判の「アナと雪の女王」を観て来ました。

両脇をちっちゃい子供に囲まれ、子供臭い匂いに包まれて、
なんだか幸せな気分に浸れました。
わたし映画を観るときはビールを欠かさないんですが、
さすがに今回は控えましたよ、ええ。
また両脇のお子さんがとっても行儀よくて、映画に集中してるし、
変な雪だるまが出て来たら「アハハ!」って反応がストレート!

なのに!その保護者ときたらッ。
上映中ずっとしゃべってるし、ああ映画に興味のないPTAなんだな、
と思いきやピエール瀧とかラプンツェルがどうのとか云ってるし、
ディズヲタの風上にも置けん!自分の子供を見習いなさい!

さて映画の件ですが、うむ、面白かったですよ。
以下ネタバレあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンス王子がね…。
近頃のディズニーは昔なら問答無用で葬り去っていた魔女や悪人の側の
事情とか描いてて、ああアメリカ人でも学ぶんだなぁと感心していたのに、
なんであんなに下衆にしてしまうのかと…。
末っ子の孤独は嘘ではなかったんじゃないのかなぁ。
アナから任されたアレンデール王国で、城を開放して毛布や食事を配った
のは良い治政者たろうと願ってたからなんじゃないのか。
むしろキスしたけどエルサの氷の欠片を溶かせなくて愕然とする、でも
よかったんじゃないのかなぁ。
今回のこの脚本だってアンデルセンの雪の女王は誰にも救われないのを
なんとかしたかったんじゃないのかしら。
だからあの強かったゲルダを女王の妹にしてその救いを敷衍したかった
んじゃないのかしら。
誰か悪い奴が居て、そいつを倒せばハッピーエンド!じゃなぁ。

まぁ文句はその辺にして、アナとエルサの姉妹は造形が素晴らしく、
まるでブロードウェイミュージカルみたいなデュエットは、
アカデミー賞もなるほどの出来映えでした。
アナはそばかすがあるのですが、ドレスを着ると肩の辺りにも
そばかす散ってるのがポイント高かったですねッ。

ディズニーのミュージカルが嫌いなP・L・トラヴァースな人でなければ
評価高いんじゃないでしょうか。
きっとメインスタッフはもうみんな自分より年下なんだろうな…。

併映されてたミニー救出作戦と云う短編がまた良い出来でしてね。
手塚のおんぼろフィルムを彷彿とさせました。
とりあえずソコは云っときたいですね。


アニメ記事一覧に戻る
映画記事一覧に戻る

「ウォルト・ディズニーの約束」を鑑賞する。

アナと雪の女王を観ようかと行ってみたけど
随分混んでたので横のこの映画を。
映画「メリー・ポピンズ」の舞台裏。
原作者パメラ・トラヴァースとウォルトとの確執。

ウォルト・ディズニーって本人以外でフィクションは
初めてなんじゃないかしら…と思ったらやっぱりそうらしい。

うむ、素晴らしかった。
いい映画は脚本がいい。
脚本がいい映画は人物に人生がある。
60年代アメリカの美術も素晴らしかった。

エマ・トンプソン演じるこのトラヴァースが良かった。
英国流を鼻にかける嫌みな女史を見事に演じている。
トム・ハンクス演じるウォルト・ディズニーも良かった。
資料などに残るウォルトの抑揚を良く掴んでいる。
脇を固める俳優陣もいい。とくにお調子者の運転手ラルフ。
パメラのお父さんやディズニー映画を音楽で支えるシャーマン兄弟。

なんかこのスタッフで手塚治虫とかやってくれんかなー。
目を爛々と輝かせた石森とか藤子とかが椎名町にやってくるの。

監督ジョン・リー・ハンコックは初めて知る人だけど、
もとは弁護士をされていたらしい。脚本を読んで監督を熱望。
脚本のケリー・マーセルはもと俳優でリライト担当、
同じ脚本のスー・スミスが本編な訳だが、
それはトラヴァースの伝記を映画にでけんかと云う
イアン・コリーの企画によるものだった。

このきっかけから完成に至るまでがまたなんとも映画的でいい。
世界中で愛される「メリー・ポピンズ」
その生みの親であるトラヴァースのこだわり。
キャラクタに魅了され映画化を念願するディズニー。
そしてそのふたりの確執を映画にしようと奔走するスタッフ。

原題は「SAVING Mr.BANKS」と云う。
直訳すれば「銀行氏の救い」かな。
バンクス氏はもちろんメリー・ポピンズが
やってくるあの銀行家のバンクス氏のことだ。

もうね、このタイトルだけで愛があふれてくるね。


映画記事一覧に戻る