震災当日。

阪神淡路大震災の日は鎌倉に居りました。
目は覚めなかった。
朝起きてテレビを点けると阪神高速が横倒しになってた。
自宅の方は幸い大した被害もなかったのですが、
西宮の伯父の家は被災したらしい。
後日片付けの手伝いに伺いましたが、
猪名川の向こうとこちらで世界が変わってた。
コンクリやアスファルトが砂糖細工の様に
ねじ曲がってた。
何度もお参りした大楠公の湊川神社も倒壊。
思い出の場所のほとんどは瓦礫の塊で
見る影もありませんでした。
とは言え西日本の大動脈、復興は迅速だろうと
亡き父の見立てでしたが、確かにインフラの回復は早かった。

東北北関東大震災の日は大阪に居りました。
仕事中、気味の悪い横揺れ。
震源はどっか遠くだろうとすぐ判りましたが、
遠いのにこの揺れ方はと案じていると、大津波の映像。
まるでミニチュアの街を呑み込んで行く特撮の映像かと。

どちらも凄まじい破壊でしたが、直接の体験はなかった。
大阪には今でもその時に落ちた屋根を覆うブルーシートの
家がちらほら残っております。
あれも20年モノなんだな…。

つぶやき備忘録:2014年十月〜十二月

2014/10/2
ファーストガンダムのイイ話と云うのは大体三本ワンセットなんだよ。つまり一時間半。

2014/10/3
人を殴る奴はみんな同じ事を云うな。

2014/10/3
くたびれているのは言葉ではなく心だろう。同じ言葉でも云う者の心の有り様で輝きが変わる。例>美しい日本

2014/10/4
全ての時間と空間を並列に概観できるまどかは、あの閉鎖空間でほむらがやったこともすでに知っていると思うのだけどなぁ。

2014/10/4
まぁ安倍首相も前回で学んで、本当に云いたい事は他人に云わせる知恵をおつけになったから。もう自分から薮にへびをつつく様な事はなさいますまい。

2014/10/4
とうとうヤマトからイヅモへ輿入れか。古事記ではスサノヲとヤマトタケルの説話がグンバツに面白いけれど、どうもどちらも結果から説明を加えたっぽい感じがしてね。

2014/10/5
わぁ自称「公平で中立」な人で一杯だ!

2014/10/5
デビューを覚えている漫画家と云うと…池野恋、柴田昌弘、清原なつの、辺りかな。諸星大二郎と星野之宣、荒木飛呂彦も鮮烈だった。倉田江美さん、女性らしからぬシニカルな漫画だった。

2014/10/6
範囲といい気圧の低さといい、今時の台風は以前の比でないけど、あんまり被害が拡がらないね。明治以来の治水政策が効果出てるのかしら。

2014/10/7
つまり「自分に頒布されるべきエロ本が情実によって横流しされている現状をなんとかしたい!」と、こういうことかな?

2014/10/18
トミノスキー粒子の濃度が濃過ぎて、正常な判断が出来ません!

2014/10/18
大佐のとこの部隊は殺人アンドロイドの始末やらされたり、公安9課の隠蔽に使われたりで殉職者多数。遺族に何と云って詫びているのだろう。

2014/10/26
あれほど荒木推しだったのに、石田に対する無惨な扱い。明智でもこんなひどくなかったよなぁ。

2014/10/26
思い出せないことにも意味はある、と根拠の無い慰め。

2014/10/28
空しいのは、あれこれ考えて作った料理をそっくりそのまま残される時だよ。

2014/11/8
うむ。右翼って云うよりヤンキー。ネットヤンキーの方が実態を表している。

2014/11/9
今日食べたのはカップ焼そば一個。でもそこは老人のメリットでそれほど腹が空かない。毎日これだったら食費浮いて万々歳だけど確実に痩せる。脳も弱る。使わないところは次々細る。

2014/11/9
ラルさんは35歳で爆死されたから、モビルスーツのミ・フェラリオとして永遠に35歳なんだよ。

2014/11/9
小笠原の海洋資源のことなんか今まで考えもしなかった人達が国富の略奪とか騒ぎ出すんだから、報道の力は大きいなぁ。

2014/11/9
石丸電機本店解体か…。よくLDを買いに行きましたな。

2014/11/11
どいつもこいつも辞めるとか解散するとか無責任なことだ!ぷんぷん!

2014/11/13
紅ショウガの天ぷらって全国区じゃなかったのか…。

2014/11/16
星新一さんは「加藤清正を悪く云う人を知らない」と書かれてたけど、その伝で云えば北政所を悪く云う人を知らないな。

2014/11/16
人権の無い状況がフィクションで盛んに語られるのは危機感の現れか平和ぼけなのか。食われた側が差別されるクンタラ、禁忌を破るとか越境するとか富野さんらしい意地の悪い世界。

2014/11/17
デフレ脱却に先鞭をつけたと評価すべきか、結局放り出しかいと非難すべきか。非難したところで景気は良くならんしな。解散しませんと云ってくれるのが一番だが。

2014/11/17
「売り家」と唐様に書く三代目を踏襲した、と云う事で。今回も碌な人間ではなかったとわかっただけで収穫。さぁ選挙と云う「選択枝」を存分に使わせてもらおうか。

2014/11/22
三人テールズが変身すると体型や身長が入れ替わるのが面白いな。なんとなくハイパー化したオーラバトラーを思わせる。

2014/11/24
選んでそれをしてるというより、他に選び様がないという可能性。

2014/11/28
まぁ首相の演説はニュースピークで与党はビッグブラザーですから。反対意見を述べると民衆からなじられ、革命勢力と信じて協力すると政府のひも付き。発狂する事も許されない。

2014/12/2
絵を描き続けている人は、大抵幼少期に息を吸っている。この事から酸素には何らかの影響力があると考えられる。>似非科学

2014/12/2
大モンゴル帝国とかロシア帝国とか、到底勝てそうもない相手に二度も勝っちゃったから、今度もイケるンじゃないかと思ってたのかもね。

2014/12/4
「お前は孤独で可哀想な奴だ」と云って自分の孤独を慰めようとする奴はごまんと居る。そう云う人のアドバイスが役に立った事は一度もない。

2014/12/4
ノンポリを自称する「ペレストロイカって何?」ってご仁が中国は盗人!朝鮮は嘘つき!と怒りを露にするご時世だ。「解ります!そのお腹立ち!」とすり寄る者になびくのはむしろ当然と云える。ある種の神経症だ。冷静に聞いてれば騙されるはずのない話に乗っかる心理と一緒。

2014/12/5
播磨まで攻め上る。いいアイディアだ。一見怜悧な九郎右衛門が、官兵衛虜囚の折に待ってられん!と慎重策の善助を振り切って斥候に出るのが実に良かったなぁ。

2014/12/11
女の子を殴る。鼻からリンパ液を吹き出すまで殴る。そいつに蹴りを叩っ込む快感を想像して見たまえ。

2014/12/12
まぁやらんでも済んだ選挙で、勝った勝ったと浮かれる姿が目に浮かびますな。いつぞやの市長選のようだ。

2014/12/14
次は消費増税までに景気が回復するかどうかか。憲法改正について「国民の信を問う」たりはせんだろうし。

2014/12/17
企業が営利を優先して何が悪いか…などと世慣れた事を書くのもアレなんで、何事も過ぎたるは及ばざるが如しとだけ。

2014/12/20
己の生死も問わぬ斬撃…。敵ながら天晴とは云うけれど、敵であればこそ立派であって欲しいな。

2014/12/20
フィクションはなんかしら現実を挑発してないと面白くない。人工衛星や潜水艦、核兵器を予測してたからSF偉い!みたいな話より、男女がひっくり返ったり、なんの疑問も抱いていなかったところに問題点を設定する話の方が脳髄をゆすられる感があって楽しい。

2014/12/21
「医者の云う事を聞くな!」とか「マスコミはウソばっかり!」とか。確かに疑う事は信じるよりも必要とは思うが、結局それが誘導にしかなってないなら「疑えと云う奴を疑え!」で堂々巡り。昔の人ならそう云う時は「耳半分」で済ましてる。

2014/12/21
見えてるから行ける!と実際に行く事との距離感。

2014/12/26
唐揚げにみかんの汁をぶちまける外道。

2014/12/28
男と生まれたからには一度はトレンチコートを羽織らないと。

2014/12/28
まぁスラブ人は白人のオーク扱いだから。人間と思われてない。

2014/10/2~2014/12/28