「ブギーポップ・チェンジリングー溶暗のデカダント・ブラック」を読了する。

ブギーポップ・チェンジリング「溶暗のデカダント・ブラック」
「ブギーポップ・チェンジリングー溶暗のデカダント・ブラック」
電撃文庫
著者:上遠野浩平
出版:KADOKAWAアスキーメディアワークス
初版:2014年11月8日
二版:2018年4月10日
購入:2018年10月23日
価格:659円(税込)


関連記事
「機械仕掛けの蛇奇使い」を読了する。
「禁涙境事件」を読了する。
「ソウルドロップの幽体研究」を読了する。
「メモリアノイズの流転現象 ソウルドロップ奇音録」を読了する。
「ブギーポップ・イントレランスーオルフェの方舟」を読了する。
「メイズプリズンの迷宮回帰 ソウルドロップ虜囚録」を読了する。
「酸素は鏡に映らない」を読了する。
「ブギーポップ・クエスチョンー沈黙ピラミッド」を読了する。
「トポロシャドウの喪失証明 ソウルドロップ彷徨録」を読了する。
「残酷号事件」を読了する。
「騎士は恋情の血を流す The Cavalier Bleeds For The Blood」を読了する。
「ブギーポップ・ダークリー―化け猫とめまいのスキャット」を読了する。
「クリプトマスクの擬死工作 ソウルドロップ巡礼録」を読了する。
「ヴァルプルギスの後悔〈Fire3.〉」を読了する。
「ブギーポップ・アンノウン―壊れかけのムーンライト」を読了する。
「アウトギャップの無限試算 ソウルドロップ幻戯録」を読了する。
「ヴァルプルギスの後悔〈Fire4.〉」を読了する。
「コギトピノキオの遠隔思考 ソウルドロップ孤影録」を読了する。
「螺旋のエンペロイダー Spin1.」を読了する。
「ブギーポップ・ウィズインーさびまみれのバビロン」を読了する。
「螺旋のエンペロイダー Spin2.」を読了する。
「無傷姫事件 injustice of innocent princess」を読了する。
「ブギーポップ・ダウトフルー不可抗力のラビット・ラン」を購入する。
「ブギーポップ・ビューティフルーパニックキュート帝王学」を購入する。
「ブギーポップ・チェンジリングー溶暗のデカダント・ブラック」を読了する。
「ブギーポップ・アンチテーゼーオルタナティヴ・エゴの乱逆」を購入する。
「製造人間は頭が固い」を読了する。
「ブギーポップ・オールマイティーデイジーがリリーを想うとき」を購入する。


小説記事一覧に戻る

1 thought on “「ブギーポップ・チェンジリングー溶暗のデカダント・ブラック」を読了する。

  1. 読了日:2019年5月17日

    お久しぶりの風紀委員長、新刻敬の登場だ。ちょうどアニメ版ブギーポップで新刻の正義漢を見た後だったので新鮮。深陽学園では誰もがMPLSになる可能性を持っているので、新刻が世界の敵になったとて不思議はない。その時は不気味な泡が全力でお相手するだろう。そして久々の歪曲王。これが出てきた時点でこいつらが自動的な存在と暗喩されてた訳だな。いちいち自分の能力に名前を付けるのにはなんか笑えてきたが、(フラッシュ・フォワードとか本人以外に呼ばないし一回しか出てこない…)ジョジョのスタンド使い的な趣でもあったか。今調べてみるとブギーポップの最初のシリーズは1998年、スタンド使いがジョジョシリーズに現れたのは1992年だ。明らかに影響されてるッ!が面白いからヨシ!

    星★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA