記事タイトル:「本気のしるし」を読了す。 


下欄へ  
お名前: ななかん   
感動した。

よもやここへきて、このような感動が待ち受けていようとわ。

つらつら考えるに、この物語は「罪と罰」に骨格が似ている。
この第六巻は収容所に入ったラスコリニコフが救われる、あのラストと
同質の解放感がある。

「あなたとなら傷付いてもいい。」
「あなたになら傷つけられてもいい。」
「だから一緒に生きていこう。」

別個の存在たる赤の他人とここまで分かりあえるのなら、もう他に何もいらない。

「あなたと一緒に生きていきたい。」

涙なくしては読めない。
[2003年3月29日 22時13分56秒]

関連記事
「怪獣の家」を読了する。

漫画記事一覧に戻る
記事一覧に戻る