記事タイトル:「びんちょうタン」第一巻を購入す。 


下欄へ  ヘルプ
お名前: ななかん   

		
(上田敏:訳 ロバート・ブラウニング ピパの唄。)

時は春、
日は朝(あした)、
朝(あした)は七時、
片岡(かたをか)に露みちて、
揚雲雀(あげひばり)なのりいで、
蝸牛枝(かたつむりえだ)に這(は)ひ、
神、そらに知ろしめす。
すべて世は事も無し。

まさにそれ。
近頃、涙もろいのは承知しておりましたが、なんでこんな「萌へ少女」漫画で泣かないかんのか。
「…おめでと。おめでとう、わたし…。」で目頭を押さえてしまった。
瓶に沢から水を汲んでくる所からしてすでにいかん。
なによりもごはん、というのがさらにいかん。
これでもし「フランダースの犬」みたいな終わり方をされたら、作者を許せん。
あれはキリスト教社会だから救いと呼べるのであって、こんな日本的な社会背景では
単なる行き倒れではないか。

それともナムアミダブツと唱えれば、成仏出来るのだらうか。 
いやはや話題になるだけのことやある。

今度アニメ化だそうです。
[2006年1月27日 0時5分35秒]

お名前: ななかん   
「幕の内」を見るに、少なくとも悲劇で終わらせるつもりはない、
とのことで一安心。
なんだろなー。コロボックルなのかなー。
鳥に運ばれるほど小さいのに、街のひとがそれほど大きく見えないとは。
男の子はここにも居ないなー。
[2006年1月27日 9時33分31秒]

関連記事
「びんちょうタン」第一巻を購入す。
「びんちょうタン」第二巻を購入す。

漫画記事一覧に戻る
記事一覧に戻る