記事タイトル:「ですのー!」読了する! 


下欄へ  ヘルプ
お名前: ななかん   
映画にもなったそうで、メデタシ。
面白かった。
正直、Lが死んだ時点でこれは終わってしまったかもと思いましたが、
グイグイと飽きさせもせず、読まされてしまいました。
いやー今のジャンプでこれだけのものが読めるとは。
あなどれませんなー。

注文をつけるとするならば、
もう少し法が治め、法が裁く、今の体制に肩入れしても良かったのでは。
なにせ少年まんがなわけだし、大人は腐ってます、では困るでしょう。
だもんで夜神次長にはその辺、期待していたのですが。
月を諌められる太陽のような存在を。

要は「仕置き人」というか、法で裁けぬ悪を懲らしめる、悪を退治するものは
それ以上の悪でなければ、というおなじみのストーリー。
生身で悪と対決する仕置き人たちと比べれば、人外のガジェットで安全地帯から
殲滅を図るライトは「そりゃ卑怯よ」っていうのがプラスアルファー。
同じ時期にチャンピオンで連載していた「アクメツ」が常に体当たりなのに、
殺し方が文系というか、理系というか、陰湿。

最後はミサで終わるのではなくて、死神の事情に戻って欲しかった。
あんたらが暇な訳がないでしょうよ、と。
何がしたかったのか、と。
そこまで描かれれば、もう云う事も無いし、私には描けません、ごめんなさい。
[2006年7月5日 0時6分9秒]

お名前: ななかん   
作画の小畑健さんがナイフの不法所持で逮捕された模様。
麻薬で捕まるとかの外道でないところにまだ救いがある。

そういえば金子修介さんの映画版の評判をさっぱり聞かないが…。
[2006年9月7日 23時23分43秒]


漫画記事一覧に戻る
記事一覧に戻る