記事タイトル:「らき☆すた」を購入中。 


下欄へ  ヘルプ
お名前: ななかん   
現在第五巻まで発刊中。
角川書店刊、月刊コンプティークあたりで連載しているらしい。
いわゆる萌え四コマまんが。
可愛らしいキャラクターの女子高校生で日常のほんとに些細なことを
淡々と描いている。
なかなか面白かった。
やっぱり日常的なことは女性のほうが圧倒的にうまい。
?女性なんだろうな。美水かがみと云う人は。
これが男だったら、認識を改める必要があるが。
多分、男だったらこの学校に宇宙人かロボットか、大富豪の息子or娘を
登場させていると思う。
クラブ活動が盛んだったり、なんらかの誇張がつくだろう。
さらに難しいのは作品中の時間がちゃんと流れていることだ。

?そう云えば、進級して下級生の話は出てくるけど、上級生がまったく
出て来ないな?ここには頼りになる姉御ややさしいお姉様はおらんのか。
先生や両親、近所の親戚など大人がすべからく並列に描かれているのが
現代子供事情を現しているようで、興味深い。

平等教育の賜物か。
[2007年9月22日 20時51分6秒]

お名前: ななかん   
美水氏は男性でした。
う〜ん、確かに絵のタッチは男性的な感じもしてたんだけど。
ゲームなどのグラッフィッカーで、二次創作的な漫画からオリジナルへ。

男性なのか、ものすごい抑制力だな。
あづまきよひこさんのような感じなのかな。
下手をするとマイナス評価に繋がりそうな部分が
うまくプラスに作用している。
ジェンダーなどにこだわるのも無意味かのう。

次の作品が興味深々だ。
[2007年12月3日 10時27分40秒]

お名前: ななかん   
どっかの野郎に云わせれば
「男に決まっとるだろうが、目がないのう。」
とかののしられるところだが、
作品の女性的な部分を嗅ぎ分ける力があるのだ、と
前向きに捉えることとしよう。
[2007年12月3日 10時33分16秒]

漫画記事一覧に戻る
記事一覧に戻る