記事タイトル:「夏のあらし」第三巻を購入中。 


下欄へ  ヘルプ
お名前: ななかん   
小林尽さんの長編。
スクエア・エニックス刊、少年ガンガンWINGとかで連載してるらしい。

デビュー作の「スクールランブル」はもうなんのために始めたのかわからない
枝の多い作品になってしまいましたけど、これは中々泣ける少年ジュヴナイル。

とは言え一夏の話なのに既に間延びしつつ感じますが。

嵐山小夜子は第二次大戦の横浜空襲の日から、夏だけタイムスリップ
していく謎の存在。
夏休みで祖父の住む横浜へ遊びに来た八坂一と出会ったことで、小夜子の
凍り付いた時間は再びその歩を進める。

時間が何度も横浜空襲の前後へ戻るのがポイント。
その当時と今で変わらぬ喫茶店「方舟」を軸に、
戦争中の横浜が語られる。

随分手の込んだ構成で毎回うなってしまう。
この夏が過ぎて嵐山がまたスリップしてしまっても、
八坂は一年後にまた方舟で会えるだろうけど、その時間差は
どんどん広がって行く。

ううむ最終回はどうなるのだろう?
[2008年3月18日 21時43分37秒]

漫画記事一覧に戻る
記事一覧に戻る