記事タイトル:「おたくの娘さん」第四集を購入する。 


下欄へ  ヘルプ
お名前: ななかん   

すたひろさんの自己言及子育て漫画第四巻である。

面白かった。
同人で発表してたネタはほぼ使い切ったのでこの巻からは独自の展開。
作者自ら避けては通れぬとおっしゃるコミケ話で売れっ子同人作家、
有坂遙の内面が描かれる、とは言っても「大庭恵美」じゃんこれ。トラウマの方向は違うけど。
あとがきに同人界の問答的なことを考えてた、みたいな事を書いてあるから、それが入ってれば
すたひろさんの存念が開陳出来たんだろうけど、確かに商業漫画に必要なエピソードとは思えんし。
結果的に既存のお話に似てしまったのは仕様がないのかも知れん。

コンクリに拳を打ち付けて、利き腕をつぶそうとする恵美ちゃん様ほどの気迫はないが、
自分の方向性を見つけて楯と決別する遙の決断は格好いい。

やっぱりすたひろさんも業に取り憑かれたひとなのかなー。

漫画記事一覧に戻る
記事一覧に戻る