記事タイトル:「この世界の片隅に」中巻を購入。 


下欄へ  ヘルプ
お名前: ななかん   
こうの史代さんの新刊。なにをさておいても読まねば、死ねん。

昭和20年4月まで来てしまいました。
戦時下の日本。
呉に入港する大和。
空襲。

遠く離れた子どもに見せてやらうと、軍艦をスケッチすれば間諜かと疑われ、
雪の上に描かれた南の島に憧憬を寄せた娼婦は肺炎で郭死。

切ないのう。

周作さんに浮気疑惑ッ。
「もう会えんかも知れんけんのう」
どんな思いで我妻を送り出すのか。

広島に近い浦野の家はどうなるんだ。

何度も何度も繰り返される絶望の瞬間。
真っ白な闇が死の呪いを刻み付けにやってくる。

ああこの先を読みたい様な読みたくない様な。
[2008年7月15日 13時11分58秒]

関連記事
「夕凪の街 桜の国」を読了する。
足蹴にされる日常
「さんさん録」第一巻を購入する。
「さんさん録」を読了する。
「街角花だより」を読了する。
「この世界の片隅に」上巻を購入。
「この世界の片隅に」中巻を購入。
「この世界の片隅に」下巻を購入。
「日の鳥」1巻を購入する。
「日の鳥」2巻を購入する。
「ギガタウン漫符図譜」を購入する。

漫画記事一覧に戻る
記事一覧に戻る