記事タイトル:「禁涙境事件」を読了する。 


下欄へ  
お名前: ななかん   
架空の世界の突飛な境遇で暮らす人々の描写の方が、現代の延長線上である
「ブギーポップ」シリーズよりも地に足が着いているとゆう、逆説的な
ミステリである。
他の可能性実験室とは違い、この世界は奥行きが深そうなので封鎖された
地球そのものの世界ではないか、と思へ。
前作の「海賊島事件」よりはいささか小振りな今作だが、まるで西部劇のように
構築された舞台で、毎日をけなげに生活する市井の人々の祈りが美しい。
禁涙境に鳴り響く鐘の音はまるでお寺の梵鐘のようだ。

上遠野さんは年々センチメンタルになっていくな。
[2005年1月22日 23時58分30秒]

関連記事
「機械仕掛けの蛇奇使い」を読了する。
「禁涙境事件」を読了する。
「ソウルドロップの幽体研究」を読了する。
「メモリアノイズの流転現象」を読了する。
「ブギーポップ・イントレランス」を読了する。
「メイズプリズンの迷宮回帰」を読了する。
「酸素は鏡に映らない」を読了する。
「ブギーポップ・クエスチョンー沈黙ピラミッド」を読了する
「トポロシャドウの喪失証明」を読了する。
「残酷号事件」を読了する。
「不可抗力のラビット・ラン」ブギーポップ・ダウトフルを購入する。
「パニックキュート帝王学」ブギーポップ・ビューティフルを購入する。

小説記事一覧に戻る
記事一覧に戻る