記事タイトル:「メモリアノイズの流転現象」を読了する。 


下欄へ  
お名前: ななかん   
面白かった。
ソウルドロップの続編らしい。相も変わらず怪盗ペーパーカットを追跡する
サーカムの凸凹コンビの活躍だ。
やはりブギーポップの居る次元での別の出来事を追ってはいるが、エコーズ以外の
探査針が地球に打ち込まれていたか、みたいな背景描写は彩りのようなもので、
前回に較べるとキャビネッセンスの重要性がより深くなった。
意図的な偽装と、結果的に誤った認識は周辺において似た展開を惹起する。
まして関係者が事実関係に先入観を持っているなら、なおさらだというお話。

ペーパーカットはどうも人間ではなかったらしいが、さりとて虚空牙の端末にしては
あまりに事情にくわしすぎる。
ブギーポップが人間か、と考えるとなんとも不安な気持ちがわいてくるが。
純粋なミステリのファンには邪道な設定のような気もするが、もともとミステリとSFは相性がいい。
どちらも始めたのは同じ個人。エドガー・アラン・ポー、その人なのだから。

本編では霧間誠一がオキシジェンの相棒だったという、驚天動地のパラダイムシフトによって、
物事が一挙に加速しそう、ではあるがやっぱり肩すかしを食うのでは、という疑念も全く去らない。
[2005年10月22日 12時45分51秒]

関連記事
「機械仕掛けの蛇奇使い」を読了する。
「禁涙境事件」を読了する。
「ソウルドロップの幽体研究」を読了する。
「メモリアノイズの流転現象」を読了する。
「ブギーポップ・イントレランス」を読了する。
「メイズプリズンの迷宮回帰」を読了する。
「酸素は鏡に映らない」を読了する。
「ブギーポップ・クエスチョンー沈黙ピラミッド」を読了する
「トポロシャドウの喪失証明」を読了する。
「残酷号事件」を読了する。
「不可抗力のラビット・ラン」ブギーポップ・ダウトフルを購入する。
「パニックキュート帝王学」ブギーポップ・ビューティフルを購入する。

小説記事一覧に戻る
記事一覧に戻る