記事タイトル:「トポロシャドウの喪失証明」を読了する。  


下欄へ  ヘルプ
お名前: ななかん   
上遠野浩平さん、ソウルドロップシリーズの四作目。
詰まる所、位相幾何学ではキャビネッセンスを定義できない、でいいのかな?

面白かったんだけど、いまひとつ。

しずるさんシリーズとの地続きがハッキリしたことと、ペイパーカットはより高度な
エコーズらしいとの観測が…いやわからんが、めずらしくペイパーカットがベラベラと
存念をしゃべっている。

統和機構はどこまで関わってるのかのう。
つうか不気味な泡はここにも立つのかのう。
[2008年2月29日 19時4分15秒]

		

関連記事
「機械仕掛けの蛇奇使い」を読了する。
「禁涙境事件」を読了する。
「ソウルドロップの幽体研究」を読了する。
「メモリアノイズの流転現象」を読了する。
「ブギーポップ・イントレランス」を読了する。
「メイズプリズンの迷宮回帰」を読了する。
「酸素は鏡に映らない」を読了する。
「ブギーポップ・クエスチョンー沈黙ピラミッド」を読了する
「トポロシャドウの喪失証明」を読了する。
「残酷号事件」を読了する。
「不可抗力のラビット・ラン」ブギーポップ・ダウトフルを購入する。

小説記事一覧に戻る
記事一覧に戻る