「トイストーリー4」を鑑賞する。

画像

「トイストーリー4」
「トイストーリー4」
配給:東宝
制作:ディズニー・ピクサー・アニメーション
原作:ジョン・ラセター/アンドリュー・スタントン
脚本:ステファニー・フォルソム/アンドリュー・スタントン
監督:ジュシュ・クーリー
2019年7月12日封切り

ピクサー自慢のマイルストーンムービー「トイストーリー」が帰ってきた。実に九年ぶり。ジョン・ラセター無き後、あの傑作「トイストーリー3」の正統な続編だ。「トイストーリー3」があまりに見事な映画だったので、なんで今更感は増し増しだったが、なんのなんの。3が綺麗事に思えたひねくれ者には打ってつけの続編だろう。

映画は3ではすでに姿を消していたウッディの恋人、陶器人形のボーがどうして別れることになったかの顛末から始める。飽きやすく身勝手なこどもたち。それはそのままアンディからおもちゃを託されたボニーへの写し絵となる。
ウッディは飽きられかかっていた。だが感受性豊かで引っ込み思案なボニーを見守ることに躊躇はない。それが自分の存在意義だと信じて疑わない。
ある日ボニーは幼稚園の工作でフォークのおもちゃを自作した。フォーキーと名付けられたそれは他のおもちゃ同様に意識を持つ様になるが、自分の本分は使い捨て食器だと思っている。スキあらばゴミ箱に戻ろうとするフォーキーを「お前はボニーお気に入りのおもちゃなんだぞ!名誉なことなんだ!」と諭すウッディ。バズの時とは逆だ。スペースレンジャーであると信じているバズ・ライトイヤーを「単なるおもちゃなんだ!空なんか飛べない!」と一番人気を持って行かれて嫉妬していたウッディ。それが今は…。
おもちゃである事に納得できないフォーキーはついに脱走してしまう。追いかけるウッディ。この逃避行でふたりは和解するが、帰る途中で見かけたアンティークショップに懐かしいボーの照明を見つけて潜入することに。そこに居たのはウッディと同じアンティークトイのギャビー・ギャビーだった。

この後映画はアッと驚く価値観の転換を示唆して終わる。
それは今までの123を否定するものではないが、観客にある種の救いを用意する。

まさしくバズの決め台詞「さぁ行こう!無限の彼方へ!」なのだ。


関連記事
「トイ・ストーリー3」を鑑賞する。


映画記事一覧に戻る

「くノ一ツバキの胸の内」1巻を読了する。

画像

「くノ一ツバキの胸の内」1巻
「くノ一ツバキの胸の内」1巻
ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル
著者:山本崇一朗
出版:小学館
初版:2018年7月17日
3版:2018年11月6日
購入:2019年8月7日
価格:638円(税込)


関連記事

「くノ一ツバキの胸の内」1巻を読了する。
「くノ一ツバキの胸の内」2巻を読了する。
「くノ一ツバキの胸の内」3巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る

「からかい上手の高木さん」2巻を読了する。

画像

「からかい上手の高木さん」2巻
「からかい上手の高木さん」2巻
ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル
著者:山本崇一朗
出版:小学館
初版:2014年11月17日
29版:2019年6月22日
購入:2019年8月7日
価格:638円(税込)


漫画記事一覧に戻る