「くノ一ツバキの胸の内」7巻を読了する。

「くノ一ツバキの胸の内」7巻
「くノ一ツバキの胸の内」7巻
ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル
著者:山本崇一朗
出版:小学館
初版:2022年4月17日
購入:2022年4月12日
価格:715円(税込)


関連記事
「山本崇一朗」関連項目


漫画記事一覧に戻る

「くノ一ツバキの胸の内」7巻を読了する。」への1件のフィードバック

  1. 読了日:2022年4月16日

    「男性への興味」というツバキの内面を探る話はどんどん希薄になっているが、今回は酉班という新たな流浪人チームの登場だ。不細工に頼らず可愛いキャラを描き分ける恐るべき手腕。恐れ入る。だがこの中では第四十四話「憧れの一番」が気になった。万年落ちこぼれの午班が謀略でトップをねらう話。「くノ一なんだからいいんだよ!」のセリフ。この世界でもやはり忍びは諜報や調略を担うものらしい。だが発覚した不正により懲罰を受ける午班。そこは褒めないといかんとこなのでは…。先生たちの真意はいずくに。

    星★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA