「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」を鑑賞する。

「機動戦士ガンダム:ククルス・ドアンの島」パンフ
「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」
配給:松竹
制作:サンライズ
原作:矢立筆/富野由悠季
脚本:根元歳三
監督:安彦良和
2022年6月3日封切り

TVシリーズの一エピソードでしかなかった本作が二時間の長編映画に!
漫画版ガンダムの「THE ORIGIN」では描かれなかったエピソードのひとつだ。なんで「時間よ、とまれ」でなくコッチなのかはよくわからないが、安彦さんの心残りではあったのだろう。TV版は正直その場凌ぎの作画と取ってつけた様なモラル話の印象しかなかったが、改めて見直すと脚本がよく出来てる。たった20分程の本編ゆえにズバっと切り込んでる部分が映画ではディテール豊かになった分、曖昧さが増してボンヤリした印象だ。しかも映画用サービスで追加された背景が大事になってしまって、ORIGIN版の展開にも水を差してしまってる。とはいえ、久々に見る安彦ガンダムの圧倒的な説得力は往年のファンにとってホームへ帰ったかの様な安心感だ。キャストも物故されてかなり入れ替わっているが声質の似ている人を当てているのか、あまり違和感なく見れる。そしてアムロを回収してベルファストへ向かうホワイトベースの美しい姿よ。まさにペガサス。確かジャブローにはこのペガサス級の二番艦も居ったはずだけど、シリーズには登場せず、Zでは母艦がアーガマになってしまうので、こんなシルエットを持つ戦艦はこれで終わってしまうのだ。このホワイトベースがア・バオア・クーに擱座する姿が見たい。さぞかし泣ける。ありがとう、ホワイトベース。懐かしさで震える映画でした。


アニメ記事一覧に戻る
映画記事一覧に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA