プロメテウスの真実。

気象庁は本日未明、明日は三月三十一日になると発表しました。
これはマウナケアのキットピーク天文台の観測を受けたもので、
キットピーク天文台は去年、最も遠い銀河群が青方偏移に転じた
ことを確認していました。
これまで宇宙はビッグバンの爆圧によって、ずっと拡大を続けていましたが、
これからは収縮、ビッグクランチに向かってシュリンクして行く事を示しています。

これにより未来は既に知っている事実となり、過去は未確定なうろんなものに
なる事が予想されます。
私たち自身もこの現象の影響を受けているので、世界が反転したことを
認識出来ず、そのまま日々過ごす事になりますが、違うのはこれから起こる事を
覚えているという点です。

このことについて、美須賀大学のアブドル客員顧問は
「考えようによっては良い事だ。我々は来年の三月十一日に大地震が
起こる事を知っている。一年は備えるに十分な時間だろう」
と語っています。
賭肉大学のハザード名誉教授は
「日本の厚生省は近い将来人口が減って年金政策が破綻する事を
四十年も前から知っていた。にも拘らず何もして来なかったのだ。
一年後に地震が起こると判っていたとして、備えをするだろうか?」
と悲観的な見解を述べています。

思いつき覚え書き記事一覧に戻る

プロメテウスの真実。」への6件のフィードバック

  1. ピンバック: つぶやき備忘録:2012年四月〜六月 | 日々是雑言

ななかん&かりくに へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA