「製造人間は頭が固い」を読了する。

「製造人間は頭が固い」
「製造人間は頭が固い」
ハヤカワ文庫
著者:上遠野浩平
出版:早川書房
初版:2017年6月25日
購入:2017年6月29日
価格:670円(税込)


関連記事
「機械仕掛けの蛇奇使い」を読了する。
「禁涙境事件」を読了する。
「ソウルドロップの幽体研究」を読了する。
「メモリアノイズの流転現象 ソウルドロップ奇音録」を読了する。
「ブギーポップ・イントレランスーオルフェの方舟」を読了する。
「メイズプリズンの迷宮回帰 ソウルドロップ虜囚録」を読了する。
「酸素は鏡に映らない」を読了する。
「ブギーポップ・クエスチョンー沈黙ピラミッド」を読了する。
「トポロシャドウの喪失証明 ソウルドロップ彷徨録」を読了する。
「残酷号事件」を読了する。
「騎士は恋情の血を流す The Cavalier Bleeds For The Blood」を読了する。
「ブギーポップ・ダークリー―化け猫とめまいのスキャット」を読了する。
「クリプトマスクの擬死工作 ソウルドロップ巡礼録」を読了する。
「ヴァルプルギスの後悔〈Fire3.〉」を読了する。
「ブギーポップ・アンノウン―壊れかけのムーンライト」を読了する。
「アウトギャップの無限試算 ソウルドロップ幻戯録」を読了する。
「ヴァルプルギスの後悔〈Fire4.〉」を読了する。
「コギトピノキオの遠隔思考 ソウルドロップ孤影録」を読了する。
「螺旋のエンペロイダー Spin1.」を読了する。
「ブギーポップ・ウィズインーさびまみれのバビロン」を読了する。
「螺旋のエンペロイダー Spin2.」を読了する。
「無傷姫事件 injustice of innocent princess」を読了する。
「ブギーポップ・ダウトフルー不可抗力のラビット・ラン」を購入する。
「ブギーポップ・ビューティフルーパニックキュート帝王学」を購入する。
「ブギーポップ・チェンジリングー溶暗のデカダント・ブラック」を読了する。
「ブギーポップ・アンチテーゼーオルタナティヴ・エゴの乱逆」を購入する。
「製造人間は頭が固い」を読了する。
「ブギーポップ・オールマイティーデイジーがリリーを想うとき」を購入する。


小説記事一覧に戻る

1 thought on “「製造人間は頭が固い」を読了する。

  1. 読了日:2019年5月16日

    ブギーポップシリーズでは謎めいた組織、アクシズも上に行けば行くほどなんだかどうしようもない人間が出てきて、しかもそのトップがオキシジェンという個人で。大層な研究所や大げさな秘密基地みたいなモノはどこにもなくて(研究施設はよく出てくるが普通の病院に偽装している)わけのわからない指輪をはめてたり、白い猫を可愛がってたりとかも一切ない。中でもアクシズの戦闘エージェント、合成人間は科学技術の粋かと思いきや、それを製造するのは製造人間たるウトセラ個人の気まぐれだ。炎の魔女霧間凪が少女時代に飲まされたあの怪しげな液体、ウトセラの体液に他ならない。しかも彼はその効能を疑っている。大丈夫なんかこの組織。
    今作では今までシリーズに登場し死ななかった強面合成人間が次々登場し、製造人間との禅問答に明け暮れる。結局のところ何がしたかったのだろう、ウトセラ・ムビョウは。

    星★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA