「くノ一ツバキの胸の内」1巻を読了する。

「くノ一ツバキの胸の内」1巻
「くノ一ツバキの胸の内」1巻
ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル
著者:山本崇一朗
出版:小学館
初版:2018年7月17日
3版:2018年11月6日
購入:2019年8月7日
価格:638円(税込)


関連記事

「くノ一ツバキの胸の内」1巻を読了する。
「くノ一ツバキの胸の内」2巻を読了する。
「くノ一ツバキの胸の内」3巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る

1 thought on “「くノ一ツバキの胸の内」1巻を読了する。

  1. 読了日:2019年8月8日

    今まで読んだ中では一番の正統派漫画。くノ一の学校あかね組戌班のツバキは思春期の女の子。男ばかりのあおい組が近所まで来てると知って気もそぞろ。臭いが臭いとか頭が悪いとか噂では聞くがどんな生き物なんだろう、と。
    牧歌的な学校の様子は忍たま乱太郎を思わせるが、あっちのくノ一組はみんな優等生だったなぁ。今時の子にはにわかに信じ難いかも知れないが、女の子は理知的で大人しく、男の子はバカで騒がしいというイメージが昔はあったんですよ。今は平等にバカで騒がしいからいい感じにジェンダーロールが崩れてますね。

    星★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA