「アナと雪の女王2」を鑑賞する。

画像

「アナと雪の女王2」
「アナと雪の女王2」
配給:東宝/ウォルト・ディズニー・ジャパン
制作:ウォルト・ディズニー・アニメーション
原作:クリスチャン・アンデルセン「雪の女王」
脚本:ジェニファー・リー
監督:クリス・パック/ジェニファー・リー
2019年11月22日封切り

意外、と言ってはなんだけど、面白かった。
前作はヒトとはちょっと違う異能のエルサが、引きこもりの果てに魔物へと転落するのを妹アナの献身が救う社会復帰の物語だったけど、今作はその異能の因って来たる根本を探る自分探しの旅だ。
アレンデール王国の統治も早三年が過ぎ、政務も滞りなく行えるようになったエルサだが、その心には自分に呼びかけるものの声を聞いて昂ぶるものを感じていた。
ある時たまらず声に応えるとアレンデールの街を異変が襲う。フィヨルドの奥に、自分を呼ぶ者が居る…。国民を避難させて探検に出かけようとする姉を押し留められないと知ったアナは自分の同行を強要するのだった。
今回も歌といい、現れる精霊のイメージといい、素晴らしいイマジネーションで観客を北方の森林地帯へと誘ってくれる。自分らの亡き祖父ルナード国王とドルイドを思わせる北方の民ノーサルドラとの確執。森を覆う霧の壁。なんとなく「メリダとおそろしの森」を思わせるが脚本の完成度はこっちの方が上だ。
強いて言えば…コレはネタバレと言えるかも知れないが、状況が原作に近づいた気がして、いささかハッピーエンドぽくない感じがするかな。
いやでも素晴らしかった。


関連記事
評判の「アナと雪の女王」を観て来ました。
「アナと雪の女王2」を鑑賞する。


映画記事一覧に戻る
アニメ記事一覧に戻る

評判の「アナと雪の女王」を観て来ました。

両脇をちっちゃい子供に囲まれ、子供臭い匂いに包まれて、
なんだか幸せな気分に浸れました。
わたし映画を観るときはビールを欠かさないんですが、
さすがに今回は控えましたよ、ええ。
また両脇のお子さんがとっても行儀よくて、映画に集中してるし、
変な雪だるまが出て来たら「アハハ!」って反応がストレート!

なのに!その保護者ときたらッ。
上映中ずっとしゃべってるし、ああ映画に興味のないPTAなんだな、
と思いきやピエール瀧とかラプンツェルがどうのとか云ってるし、
ディズヲタの風上にも置けん!自分の子供を見習いなさい!

さて映画の件ですが、うむ、面白かったですよ。
以下ネタバレあり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンス王子がね…。
近頃のディズニーは昔なら問答無用で葬り去っていた魔女や悪人の側の
事情とか描いてて、ああアメリカ人でも学ぶんだなぁと感心していたのに、
なんであんなに下衆にしてしまうのかと…。
末っ子の孤独は嘘ではなかったんじゃないのかなぁ。
アナから任されたアレンデール王国で、城を開放して毛布や食事を配った
のは良い治政者たろうと願ってたからなんじゃないのか。
むしろキスしたけどエルサの氷の欠片を溶かせなくて愕然とする、でも
よかったんじゃないのかなぁ。
今回のこの脚本だってアンデルセンの雪の女王は誰にも救われないのを
なんとかしたかったんじゃないのかしら。
だからあの強かったゲルダを女王の妹にしてその救いを敷衍したかった
んじゃないのかしら。
誰か悪い奴が居て、そいつを倒せばハッピーエンド!じゃなぁ。

まぁ文句はその辺にして、アナとエルサの姉妹は造形が素晴らしく、
まるでブロードウェイミュージカルみたいなデュエットは、
アカデミー賞もなるほどの出来映えでした。
アナはそばかすがあるのですが、ドレスを着ると肩の辺りにも
そばかす散ってるのがポイント高かったですねッ。

ディズニーのミュージカルが嫌いなP・L・トラヴァースな人でなければ
評価高いんじゃないでしょうか。
きっとメインスタッフはもうみんな自分より年下なんだろうな…。

併映されてたミニー救出作戦と云う短編がまた良い出来でしてね。
手塚のおんぼろフィルムを彷彿とさせました。
とりあえずソコは云っときたいですね。


関連記事
評判の「アナと雪の女王」を観て来ました。
「アナと雪の女王2」を鑑賞する。


アニメ記事一覧に戻る
映画記事一覧に戻る