「アラバスターの季節」1巻を読了する。

「アラバスターの季節」1巻
「アラバスターの季節」1巻
YKコミックス
著者:高津マコト
出版:少年画報社
初版:2023年1月30日
購入:2023年1月17日
価格:759円(税込)


関連記事
「シャボンと猫売り」1巻を読了する。
「シャボンと猫売り」2巻を読了する。
「シャボンと猫売り」3巻を読了する。
「渡り鳥とカタツムリ」1巻を読了する。
「渡り鳥とカタツムリ」2巻を読了する。
「渡り鳥とカタツムリ」3巻を読了する。
「アラバスターの季節」1巻を読了する。
「アラバスターの季節」2巻を読了する。
「アラバスターの季節」3巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る

「アラバスターの季節」1巻を読了する。」への1件のフィードバック

  1. 読了日:2023年1月25日

    離島の高校の美術部で悶々と表現活動に悩む青春譜、なんだろうけど。狭いなぁー、閉じ込められてるなぁー、選択肢がほとんどないなぁー、的な鬱屈感に乏しく、そこは見捨てられた幽霊団地で感じろや、なのかも知れないけれど、薫風をもたらすであろう新任の美術教師もまた入選にすら至らない未熟。瀬戸内少年野球団的なものは期待するな、という展開か。無理解な大人には世間体とか世渡りの常識とか生活の知恵的な防壁があるのだと訳知り顔で語るでもなく、ただ表現に悩む坊主の鬱々だけでは芸がない。そこへ行くと欲のない美術部とかちょっと発達障害があるっぽい部長の絵に対する興味とかはよく描けてる。その周りのことが目に入らない集中力が絵に向けられた時、この娘はどんな絵を描くのか気になる。せっかくのキャラクターが生かされてないのがもったいない。

    星★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA