「僕の妻は感情がない」2巻を読了する。

「僕の妻は感情がない」2巻
「僕の妻は感情がない」2巻
MFコミックス フラッパーシリーズ
著者:杉浦次郎
出版:KADOKAWA/メディアファクトリー
初版:2020年10月23日
購入:2020年10月23日
価格:704円(税込)


関連記事
「俺の嫁のメモリアル」を読了する。
「わんらぶ」を読了する。
「僕の妻は感情がない」1巻を読了する。
「僕の妻は感情がない」2巻を読了する。
「僕の妻は感情がない」3巻を読了する。
「僕の妻は感情がない」4巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る

「僕の妻は感情がない」2巻を読了する。」への1件のフィードバック

  1. 読了日:2020年10月23日

    次郎さん商業初の第二巻おめでとうございます!…同人誌ではシリーズの続編とか出しておられるけど、初単行本が「ひよこのたまご」で資料によると発行は2007年とあるな。13年続けて、続けられるのもすごいが、ようやく。今巻はいよいよ最上位機種スーパーミーナの登場だ。高級車並の値段で人造人間があなたの手元に!この話からすると人造人間はあまり普及している様子がないが、なぜかメーカーや社会での環境が行き届いていて、人間がロボットに移入している場合の対処も色々考えられているっぽい。不思議な世界だ。スーパーミーナとの出会いからのアップグレード話、タクマがミーナを一己の人格として扱っているのを知らず、家電扱いで分解点検しようとする場面、ミーナが頭部ハッチを開口している姿を見られまいと隠している姿が痛々しい。もう少しタクマのエモーショナルな描写が欲しかった。
    このアンドロイドを製造している会社の名前がまだ出てきてない。サイバーダイン社でなければ良いが、アシモフのUSロボット社にちなんでJPロボット社とか。ひょっとしたら国の機関で公社なのかも知れないな。

    星★★★★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA