「シン・ゴジラ」を鑑了する。

なんだか即座に上映が終了しそうなので、あわてて庵野ゴジラを観て来ました。
総監督は企画会議で面白い日本映画を作ろう!とおっしゃったそうですが、
観ている間中、過去の名作邦画の数々を彷彿とさせてくれました。
「犬神家の一族」や「ゴジラ」「日本のいちばん長い日」
「機動警察パトレイバー」など。
そして素晴らしい映画の必須条件、勝利する脚本!のことなど考えていました。
今回、庵野さんはスーパーバイザーであるだけでなく、
脚本を書かれたというので、
非常に気にはしていたのです。
良い映画は常に脚本がすでに勝利している。
このひとが「宇宙戦艦ヤマト」を撮ってくれたら、
どれほど素晴らしいモノになるだろうかと。

率直に云って大変面白かったです。

以下激しくネタバレ有り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

冒頭、漂流船が東京湾内に浮いていると云うので、
海上保安庁?が調査に向かうところから、
映画は始まります。不安感を煽る上手い導入です。
当然の様に不安は的中し、湾内に異変が発生。大きな熱源が海中にあるらしい。
交通繁華な東京港のことです。直ちに現場レベルから国政上の問題へと発展します。
この対応策を練る政府の描写が素晴らしい。
最初大したことなかろうと、常識論にあぐらを掻いている閣僚たちが、
次第に本気になり始め、出来る範囲の最善を尽くし出す。
にも関わらず事態の進展は人間の予測を超えて拡大し、
とうとう巨大生物の都内侵攻を許してしまう。
お殿様のごとく「良きに計らえ」で済ましていた総理も
部隊創設以来初めての自衛隊による武力行使の決断を迫られてから、
変わっていく。
観る人によっては愚かな判断と取られそうな最初のヘリ攻撃。
避難民がまだ居ると聞いた総理は迷うことなく攻撃の中止を命令する。
立派だ。俺はあんたなら支持するよ!
その所為で千載一遇のチャンスを失ったかもしれないが。
そして第二次ゴジラ鎌倉上陸。
このデザインの変更巧いなぁ。勝てる気がせんものな。
自衛隊の飽和攻撃をものともしない巨体。
絶対防衛線が破られたことによる政府機能の立川への移転。
「都内にまだ国民が残っているのに!俺が逃げられるか!」
冒頭のヘナチョコ総理が嘘の様だ。
安保協定に則った米軍によるバンカーバスター?攻撃には、
さしものゴジラと言えど血反吐を吐くが、そのことが却って東京を火の海に。
粉骨砕身、国家と国民を守るべく尽力してきた内閣もこの攻撃で塵と化す。
この後、臨時内閣を押し付けられる総理も良かった。
人事入閣と揶揄され昼行灯扱いの凡夫。その人が、
自衛隊、極東米軍の失敗から国連軍による熱核攻撃を強制され、
否やと言えぬ現状に鬱屈としながら、ゴジラを生物学的に停める作戦の時間稼ぎの為に、
フランスの大使に深々と垂れる頭!

大の大人が全力で戦っている姿がここにはある!

まぁ新世紀エヴァンゲリオン「決戦、第3新東京市」の二番煎じじゃんと、
思わない事もなかったが。


映画記事一覧に戻る

「シン・ゴジラ」を鑑了する。” への1件のコメント

  1. この映画をけなすと話題になるらしいから、気になった事をひとつ!
    映画そのものじゃなくて、観た人の感想に
    「バカが一人もいない!」と云うのが。

    確かに無駄に足を引っ張り、物事を台無しする無能は出てこないけど、
    現実ならそこは間違いなく居ると思うし、そういう無駄があってこその
    達成感なんじゃないのかしら。
    その時点で無駄なことが未来永劫無駄とは限らないし、
    そこから新たな視点を得られることだってままあるのだから。

    何より自分はそんな働き者の無能ではないと信じているあたりが
    思い上がり以外の何物でもない。

    人間関係がドラマからバッサリ抜け落ちてるのも、意図的なのは半分で、
    そもそも庵野さんがそういう骨肉のドラマに馴染んでない。
    不得手だから手を出さなかった、と云うのがもう半分なのではないかしら。

    だからと言ってはなんだけど、怪獣映画としては「ガメラ大怪獣空中決戦」
    の方が完成度は高いと思うのね。あれは本当に大怪獣の空中決戦が
    クライマックスなんだもの。カタルシスが違う。

    ヤシオリ作戦、米軍の飽和攻撃の最中、ひたすら待機してた注入部隊の
    自衛官が小便ちびってるトコとか、まだ無傷で列車を走らせられる鉄路を、
    在来線爆弾によって自ら壊さんといかん、JRマンや国鉄マンの苦衷の表情
    とかあると、最後の「ああ!やっと止まった…!」の安堵感が増しましすると
    思うわけよ。

    ハリウッド風の快哉を叫ばないクライマックスの「なんで?」感は
    そういう地道なドラマの積み重ねがはねのけてくれる、と思うわけよ。

    あと、なんでゴジラは人を食わないんだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA