「シン・ウルトラマン」を鑑賞する。

「シン・ウルトラマン」パンフレット
「シン・ウルトラマン」
配給:東宝
制作:スタジオカラー
原作:円谷プロダクション
脚本:庵野秀明
監督:樋口真嗣
2022年5月13日封切り

観て来ましたよ。冒頭から余韻もへったくれもなく、空想特撮映画ー!、ドーン!ですから、当時のウルトラシリーズの唐突さまんまな始まり様。しかし「禍威獣」とか「禍特対」とかどこのヤンキー言葉なのか…。それも束の間、宇宙から降って湧いたウルトラマンの登場で全て消し飛ぶ!格好いい!ダッと構えてから出すスペシウム光線の威力たるや…、一気に物語世界に引き込まれる。面白かった。多分ネタバレはないと思うが、原作「ウルトラマン」のエッセンスをこんな綺麗にまとめ上げる膂力に恐れ入った。ちゃんとマンの世界観が表現されてる。このスタッフで「ウルトラセブン」を観てみたい!
ただ漏れ聞こえた「実写版エヴァンゲリオン」の感想には不安も覚える。違うんだ、逆なんだ。「宇宙戦艦ヤマト」を撮れないから「ふしぎの海のナディア」が出来たし、「ウルトラマン」を撮れないから「新世紀エヴァンゲリオン」が生まれたんだ。それが今は向こうから撮ってくれ作ってくれと寄ってくる。本人的にはこの方が幸せなのかも知れないが、出来ないから工夫して作ったオリジナルを期待する自分などはしばらくお預けを食らいそうで。それでも「シン・仮面ライダー」はいそいそと観に行くし「シン・ヤマト」などあったりしたら何をさて置いても観るだろう。「シン・ガンダム」と「シン・ナウシカ」…はさすがに無いかな。両監督に殴られる覚悟でやって欲しくもあるが。


映画記事一覧に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA