記事タイトル:小さすぎる旅2 


下欄へ  
お名前: ななかん   
営団丸の内線、茗荷谷駅を拓殖大学方面に出ると、駅前に「札幌軒」はある。
名前が示す通り、拉麺はさっぽろ風の卵黄の多いしっかりした麺だが、どうも
ウリはその辺ではないらしい。
一見、中華料理屋に見えてそれらしいメニューはあまりなく、もっぱら「肉丼」
で知られる甘辛く焼いた牛のバラ肉の丼が、名物という。

もうかれこれ30年は続いているカウンターの店で、拓殖大卒業生の青春の日々を
彩っているらしい。
大食漢の相撲部やら、ラグビー部相手の「大盛り」は、すりこぎみたいな丼に
たっぷり五合はある白飯と山盛りの肉。

それを連中はペロリとたいらげてしまう。

やはりわたしとは縁のない生き物のようだ。
[2003年6月7日 17時30分4秒]

関連記事
小さすぎる旅1
小さすぎる旅2
小さすぎる旅3
小さすぎる旅4
峰竜太という男。
雨の妙見山。
BOTTOMS!
湖西線を北へ。
残してるならともかく、完食して飽食とは。
結氷の音を聞く前に。
少佐はやはり宇宙がお似合いですなぁ。
延喜式内神足神社。

記事一覧に戻る