「ゴジラ KING OF THE MONSTERS」を鑑賞する。

画像

「GODZILLA KING OF THE MONSTERS」
「GODZILLA KING OF THE MONSTERS」
配給:東宝
制作:レジェンダリー・ピクチャーズ/ワーナーブラザース
原作:マックス・ボレンスタイン/マイケル・ドハティ/ザック・シールズ
脚本:マイケル・ドハティ/ザック・シールズ
監督:マイケル・ドハティ
2019年5月31日封切り

エドワーズ版ゴジラの続編だ。
間に「キングコング髑髏島の巨神」というのがあるらしいが観ていない。
今回は何故か当のギャレス・エドワーズが一切関わっていないが、映画は東宝怪獣映画への愛に満ち溢れた傑作だった。このマイケル・ドハティという監督は全く知らないが怪獣バカと言う点ではギャレス以上の大馬鹿だろう。

以下ネタバレ有り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
話はゴジラとムトーが決戦した晩から始まる。
あの対決に巻き込まれ離散したラッセル一家が今回の主役だ。
世間には大怪獣の存在を知ってて隠していたモナークへの批判があふれているが、実はモナークが監視している大怪獣はムトーやゴジラだけではなかった。確認されているだけで17体。ほとんどは休眠状態だが、それを叩き起こして怪獣大戦争を引き起こそうとモナークに襲いかかる環境テロリストが現れる。
テロを率いる元軍人のジョナが狙うのはラッセル夫妻が製作した怪獣を音波でコントロールする装置オルカ。これを使って南極で発見された最大の怪獣キングギドラを起こそうというのだ。時同じくして芹沢博士が監視していたゴジラが数年ぶりに活動を開始、向かうは南極だ。ギドラの復活を感じたのだろうか。芹沢とモナークはこれを阻止できるのかッ!

…ラッセル夫妻はとくに活躍しませんね。まぁ奥さんの方は実は怪獣大戦争の立案者だったという、悪い方で話を引っ張りますが。ご主人はねぇ…。酒に溺れてたというだけあって陰が薄い。モナークや軍にたてついて娘探しに奔走しますが、ゴジラを助けようとしているモスラの姿を見て考えを改めます。浅はかな人ですネ。二人の娘マディソンは出来物のお母さんにくっ付いていますが、ラドンを起こすのに地元の市民を見殺しにしたお母さんに疑問を抱きます。
そんなラッセル一家の葛藤を横糸に、描かれるのは大怪獣の大決戦です。今回はECMをかけてくる様な掟破りな生物も居ないので、米軍大活躍かと思いきや、あまり思い切った飽和攻撃を行いません。行えないのですが、怪獣決戦に水を差したくなかっただけなのかも知れません。

ドハティ監督は本当に怪獣映画が好きな様で、東宝のみならずガメラやガッパなどからも引用を行なっていて、それが盗んだというより明らかなリスペクトなので、日本の特撮映画がこれほど愛されているのだなーと感慨に耽りました。

これが逆なら、日本の映画人は欧米のSF映画にこれほどのリスペクトを行えているかと。
アニメなら十分に恩返し出来てそうですけどね。

いや面白かったです。ありがとう、マイケル。


映画記事一覧に戻る

「あさひなぐ」30巻を読了する。

画像

「あさひなぐ」30巻
「あさひなぐ」30巻
スピリッツコミックス
著者:こざき亜衣
出版:小学館
初版:2019年6月4日
購入:2019年6月3日
価格:638円(税込)


関連記事
「あさひなぐ」24巻 読了する。
「あさひなぐ」25巻を読了する。
「あさひなぐ」26巻を読了する。
「あさひなぐ」27巻を読了する。
「あさひなぐ」28巻を読了する。
「あさひなぐ」29巻を読了する。
「あさひなぐ」30巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る

「おやすみシェヘラザード」3巻を読了する。

画像

「おやすみシェヘラザード」3巻
「おやすみシェヘラザード」3巻
ビッグコミックススペシャル
著者:篠房六郎
出版:小学館
初版:2019年6月4日
購入:2018年6月3日
価格:680円(税込)


「おやすみシェヘラザード」1巻を読了する。
「おやすみシェヘラザード」2巻を読了する。
「おやすみシェヘラザード」3巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る