「嘘の子供」1巻を読了する。

画像

「嘘の子供」1巻
「嘘の子供」1巻
ガンガンコミックスJOKER
著者:川村拓
出版:スクウェア・エニックス
初版:2023年3月22日
購入:2023年3月22日
価格:730円(税込)


関連記事
「川村拓」関連項目


漫画記事一覧に戻る

「事情を知らない転校生がグイグイくる。」14巻を読了する。

画像

「事情を知らない転校生がグイグイくる。」14巻
「事情を知らない転校生がグイグイくる。」14巻
ガンガンコミックスJOKER
著者:川村拓
出版:スクウェア・エニックス
初版:2023年3月22日
購入:2023年3月22日
価格:730円(税込)


関連記事
「川村拓」関連項目


漫画記事一覧に戻る

「僕の妻は感情がない」6巻を読了する。

画像

「僕の妻は感情がない」6巻
「僕の妻は感情がない」6巻
MFコミックス フラッパーシリーズ
著者:杉浦次郎
出版:KADOKAWA/メディアファクトリー
初版:2023年3月23日
購入:2023年3月24日
価格:748円(税込)


関連記事
「俺の嫁のメモリアル」を読了する。
「わんらぶ」を読了する。
「僕の妻は感情がない」1巻を読了する。
「僕の妻は感情がない」2巻を読了する。
「僕の妻は感情がない」3巻を読了する。
「僕の妻は感情がない」4巻を読了する。
「僕の妻は感情がない」5巻を読了する。
「僕の妻は感情がない」6巻を読了する。
「僕の妻は感情がない」7巻を読了する。
「ニセモノの錬金術師」1巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る

「酒処春來荘日乗」2巻を読了する。

画像

「酒処春來荘日乗」2巻
「酒処春來荘日乗」2巻
書籍扱いコミックス
著者:丸岡九蔵
出版:秋田書店
初版:2022年3月25日
購入:2023年2月25日
価格:1200円(税込)


関連記事
「酒処春來荘日乗」1巻を読了する。
「酒処春來荘日乗」2巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る

「酒処春來荘日乗」1巻を読了する。

画像

「酒処春來荘日乗」1巻
「酒処春來荘日乗」1巻
書籍扱いコミックス
著者:丸岡九蔵
出版:秋田書店
初版:2022年3月25日
購入:2023年3月22日
価格:990円(税込)


関連記事
「酒処春來荘日乗」1巻を読了する。
「酒処春來荘日乗」2巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る

「このマンガのヒロインは守崎あまねです。」3巻を読了する。

画像

「このマンガのヒロインは守崎あまねです。」3巻
「このマンガのヒロインは守崎あまねです。」3巻
少年サンデーコミックス
著者:ねこぐち
出版:小学館
初版:2023年2月21日
購入:2023年3月22日
価格:550円(税込)


関連記事
「天野めぐみはスキだらけ!」関連項目


漫画記事一覧に戻る

「それでも歩は寄せてくる」14巻を読了する。

画像

「それでも歩は寄せてくる」14巻
「それでも歩は寄せてくる」14巻
KCDX
著者:山本崇一朗
出版:講談社
初版:2023年3月16日
購入:2023年3月16日
価格:715円(税込)


関連記事
「山本崇一朗」関連項目


漫画記事一覧に戻る

「ミラーマン2D」3巻を読了する。

画像

「ミラーマン2D」3巻
「ミラーマン2D」3巻
HCヒーローズコミックス
著者:久正人
出版:小学館クリエイティブ
初版:2023年3月31日
購入:2023年3月13日
価格:792円(税込)


関連記事
「久正人」関連項目


漫画記事一覧に戻る

「ミラーマン2D」2巻を読了する。

画像

「ミラーマン2D」2巻
「ミラーマン2D」2巻
HCヒーローズコミックス
著者:久正人
出版:小学館クリエイティブ
初版:2022年9月30日
購入:2022年9月7日
価格:748円(税込)


関連記事
「久正人」関連項目


漫画記事一覧に戻る

「シン・仮面ライダー」を鑑賞する。

画像

「シン・仮面ライダー」パンフレット
「シン・仮面ライダー」
配給:東映
制作:シネバザール
原作:石ノ森章太郎
脚本:庵野秀明
監督:庵野秀明
2023年3月17日封切り

いそいそと観て参りました。いやぁ、面白かった。もう何から何まで「仮面ライダー」です。今ギーツとか観てる若い子がこれを面白がるかはわかりませんが、石ノ森ライダーリスペクツな私にはマストな映画でした。

以下ネタバレがあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
13人の仮面ライダー!これが観たかった!相変異して群体化した黒色バッタ!そしてホバーするサイクロン号!このサイクロン号、本郷の体の一部だから、乗ってなくても動かせるんだ!これだよ!改造人間の身体をも撃ち抜く重火器!めっちゃ格好いい!シロマサっぽい!そしてこの映画独自のプラーナ量による能力の差!なんだかジェダイのミディクロリアン値みたいだけど、それがちゃんと戦闘能力の差に反映してる!そう言えば死んだ戦闘員の自己崩壊機能もジェダイの消失っぽいな。一文字隼人は正直あんまり好きではなかったんだけど、この映画の一文字は孤独感がいい。蝶オーグの外部拡張機能を破壊する時に「すまんな」とサイクロン号にあやまる本郷とかもうたまらん!冒頭の殺戮シーンでショッカーの戦闘員を血まみれのサンドバックにしちゃうような凶暴な改造人間が、ヘルメットを取るとなんか自己肯定感の低そうな優男で、ずっと戦闘の度にうなだれてるのもいい。原作になかった父親の殉職シーンがトラウマになってるエピソードがうなずける。みんな何かを喪失してて、その穴の埋め方がちょっとずつ違う。それをずっと観察してるケイの目線。走り去る一文字の姿の爽快な事!まさに「仮面ライダー」でした!


映画記事一覧に戻る