削除案件。

「ありもせんアベの手柄をこさえるのは、さぞクリエイティブな手応えがあるのでしょうなぁ。それを見たアベが自分の実績と吹聴する。地産地消とはこのことか。砂上の楼閣とも言う。実際には何も残ってないのに、やったという記憶だけが残る。その写真にあなたの家族は写っていない。」という文言がツイッターに削除された模様。

「映画この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」を購入する。

画像

「映画この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」
「映画この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」
Blu-layDisc
制作:J.C.STAFF
原作:暁なつめ/三嶋くろね
脚本:上江洲誠
監督:金崎貴臣
販売:2020年3月25日
購入:2020年4月25日
価格:5740円(税込)


関連記事
「この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説」を鑑賞する。


映画記事一覧に戻る

「惑星クローゼット」4巻を読了する。

画像

「惑星クローゼット」4巻
「惑星クローゼット」4巻
BIRZ COMICS
著者:つばな
出版:幻冬社
初版:2020年4月24日
購入:2020年4月24日
価格:748円(税込)


関連記事
「見かけの二重星」を読了する。
「バベルの図書館」を読了する。
「見かけの二重星」完全版を読了する。
「惑星クローゼット」1巻を読了する。
「惑星クローゼット」2巻を読了する。
「惑星クローゼット」3巻を読了する。
「惑星クローゼット」4巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る

「乾と巽ーザバイカル戦記ー」3巻を読了する。

画像

「乾と巽ーザバイカル戦記ー」3巻
乾と巽ーザバイカル戦記ー」3巻
アフタヌーンKC
著者:安彦良和
出版:講談社
初版:2020年4月23日
購入:2020年4月24日
価格:726円(税込)


関連記事
「乾と巽ーザバイカル戦記ー」1巻を読了する。
「乾と巽ーザバイカル戦記ー」2巻を読了する。
「乾と巽ーザバイカル戦記ー」3巻を読了する。

漫画記事一覧に戻る

「天野めぐみはスキだらけ!」19巻を読了する。

画像

「天野めぐみはスキだらけ!」19巻
「天野めぐみはスキだらけ!」19巻
少年サンデーコミックス
著者:ねこぐち
出版:小学館
初版:2020年4月21日
購入:2020年4月21日
価格:499円(税込)


関連記事
「天野めぐみはスキだらけ!」関連項目


漫画記事一覧に戻る

「お気の毒ですが、冒険の書は魔王のモノになりました。」9巻を読了する。

画像

「お気の毒ですが、冒険の書は魔王のモノになりました。」9巻
「お気の毒ですが、冒険の書は魔王のモノになりました。」9巻
CH COMICS
著者:サイトウミチ/原作:KAKERU
出版:日本文芸社
初版:2020年4月20日
購入:2020年4月21日
価格:715円(税込)


関連記事
「サイトウミチ」関連項目


漫画記事一覧に戻る

「おしかけツインテール」5巻を読了する。

画像

「おしかけツインテール」5巻
「おしかけツインテール」5巻
まんがタイムコミックス
著者:高津ケイタ
出版:芳文社
初版:2020年4月22日
購入:2020年4月8日
価格:759円(税込)


関連記事
「おしかけツインテール」1巻を読了する。
「おしかけツインテール」2巻を読了する。
「おしかけツインテール」3巻を読了する。
「おしかけツインテール」4巻を読了する。
「おしかけツインテール」5巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る

「ベアゲルダー」5巻を読了する。

画像

「ベアゲルダー」5巻
「ベアゲルダー」5巻
シリウスKC
著者:沙村広明
出版:講談社
初版:2020年4月9日
購入:2020年4月9日
価格:748円(税込)


関連記事
「ベアゲルター」1巻を読了する。
「ベアゲルター」2巻を読了する。
「ベアゲルター」3巻を読了する。
「ベアゲルダー」4巻を読了する。
「ベアゲルダー」5巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る

「ミッドサマー」を鑑賞する。

画像

「ミッドサマー」
「ミッドサマー」
配給:ファントム・フィルム
制作:A24 FILMS
脚本:アリ・アスター
監督:アリ・アスター
2020年2月21日封切り

全世界的に評判のホラー映画?「ミッドサマー」を観て来ました。
映画館は一人きりで貸切状態の中、観たこの映画はこんなご時世にはピッタリのクソ映画でした。多分、映画館で見るよりTVとかで深夜に見るのが正解じゃないかな。

ネタバレはないと思う。

とにかく出てくる人間がどいつもこいつもクソったれ野郎で、誰にも感情移入出来ないが、特に悪人と言う程でもなく、どこにでも居そうな弱い人たちだ。惨劇の舞台となるホルガの村でもそれは同様で、最初からハメるつもりで歓待しているのが嘘でなければ、やってることは無茶苦茶だが、誰一人悪意を持って動いていない。
「見ろ!人間はこんなに弱く、嘘つきで、簡単に死ぬンだぜ!」的なクソ映画が好きな人には何十年ぶりかで期待の新生登場だろう。
クソ映画に有りがちなシナリオのアラがいくつか見られる。最大のものは90年に一度という祝祭のスパンの長さだ。あの村にいる人は誰一人前回を知らないだろう。自分の好みとしてはもっと酒池肉林してドッカンバッタン殺戮して欲しいが、20分程追加されたディレクターズカット版ではその辺の期待には応えてくれてるのかも。なんにしても二度観たいとは思わないだろうとの監督の意見には賛成だ。クローネンバーグとかが好きな人にはいいかも知れない。


映画記事一覧に戻る