「すずめの戸締り」を鑑賞する。

画像

「すずめの戸締り」パンフレット
「すずめの戸締り」
「すずめの戸締り」新海誠本
「すずめの戸締り」新海誠本

配給:東宝
制作:コミックス・ウェーブ・フィルム
原作:新海誠
脚本:新海誠
監督:新海誠
2022年11月11日封切り

今や世界に誇る大作家になってしまわれた新海監督の新作だ。今回は特に同じ世界線の別の話、という訳でもなく自然災害に見舞われ続けてなんとなく衰退している日本が舞台だ。

以下ネタバレあり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
映画は打ち捨てられた廃墟を歩く少女から始まる。
深々と草が生い茂り、人が戻ってきた風景ではないが、少女は母親を探している。
探し疲れて俯く少女の耳に草を踏みしめる足音が。
待ち人到来かと振り返るが、そこに立っていたのは見知らぬ女性だった。

いやぁ、子供が親を探す光景は卑怯やろう。誰にでも覚えがある、あの不安感。
映画の後半でこの廃墟は再び現れるが、主人公岩戸鈴芽の子供時代が居なくなった母を
探すあの混乱っぷりには胸を突くものがある。
「お母さんを知りませんか?誰か、お母さんを知りませんか!」

映画は災厄を招く扉を閉めて回る青年宗像と、不注意から扉を守る要石を引っこ抜いてしまった岩戸のロードムービーなのだが、同時に過去へと災厄を辿る、行きて帰りし物語になっている。今までになく普遍的で論理的な展開だ。かといって持ち味のエモさは手放していない。ロードムービーならではの道中出会う人々との邂逅がまたいい味を出してる。これがあるから廃墟で扉を閉める時に見る有りし日の営みに厚みが生まれる。そして日々の営みに共感するから一千万都市東京の災厄を払う為なら涙を呑んで要石を打つ。見事だ。

失ったはずの椅子がどこから湧いたのかは不明なままだが、行方不明の母親がずっと見守ってくれていたのだと考えれば、ここにも行きて帰りし物語が存在することになる。
面白かった。


関連記事
「雲のむこう約束の場所」を鑑賞する。
「秒速5センチメートル」を鑑賞する。
「君の名は。」を鑑賞する。
「天気の子」を鑑賞する。
「すずめの戸締り」を鑑賞する。


アニメ記事一覧に戻る
映画記事一覧に戻る

「その着せ替え人形は恋をする」TVアニメ公式ファンブックを読了する。

画像

「その着せ替え人形は恋をする」TVアニメ公式ファンブック
「その着せ替え人形は恋をする」TVアニメ公式ファンブック
単行本
著者:TVアニメ「着せ恋」製作委員会
原作:福田晋一
出版:スクウェア・エニックス
初版:2022年9月24日
購入:2022年10月7日
価格:1850円(税込)


漫画記事一覧に戻る

劇場版「からかい上手の高木さん」を鑑賞する。

画像

「からかい上手の高木さん」劇場版パンフ
劇場版「からかい上手の高木さん」
配給:東宝
制作:シンエイ動画
原作:山本崇一朗
脚本:福田裕子/加藤還一/伊丹あき
監督:赤城博昭
2022年6月10日封切り

TVシリーズではオリジナルエピソードも挟んで、よりドラマチックだった本作の映画版だ。
第三シーズンの直後から始まる実質最終回と言えるだろう。
面白かった。
人の少ない小豆島を背景にそこで暮らす中学生の日常とほのかな恋模様。
まだ描かれてなさそうなエピソードがいくつかあるので、実際にこれで終わりかどうかは定かでない。
漫画版がこういうラストを迎えるかどうかも分からないが、泣かせる終わり方だった。

「からかい上手の高木さん」劇場版小冊子
「からかい上手の高木さん」映画巻
鑑賞特典の小冊子。山本崇一朗氏のおまけ漫画が載っている。非常においしい。
さらに映画版のエンディングテーマは四種類あって、週替わりで流すらしい。話が変わってしまう訳ではないというが、ファンには悩ましい仕様だ。思えばTVシリーズでもころころ変えてたね。


アニメ記事一覧に戻る
映画記事一覧に戻る

「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」を鑑賞する。

画像

「機動戦士ガンダム:ククルス・ドアンの島」パンフ
「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」
配給:松竹
制作:サンライズ
原作:矢立筆/富野由悠季
脚本:根元歳三
監督:安彦良和
2022年6月3日封切り

TVシリーズの一エピソードでしかなかった本作が二時間の長編映画に!
漫画版ガンダムの「THE ORIGIN」では描かれなかったエピソードのひとつだ。なんで「時間よ、とまれ」でなくコッチなのかはよくわからないが、安彦さんの心残りではあったのだろう。TV版は正直その場凌ぎの作画と取ってつけた様なモラル話の印象しかなかったが、改めて見直すと脚本がよく出来てる。たった20分程の本編ゆえにズバっと切り込んでる部分が映画ではディテール豊かになった分、曖昧さが増してボンヤリした印象だ。しかも映画用サービスで追加された背景が大事になってしまって、ORIGIN版の展開にも水を差してしまってる。とはいえ、久々に見る安彦ガンダムの圧倒的な説得力は往年のファンにとってホームへ帰ったかの様な安心感だ。キャストも物故されてかなり入れ替わっているが声質の似ている人を当てているのか、あまり違和感なく見れる。そしてアムロを回収してベルファストへ向かうホワイトベースの美しい姿よ。まさにペガサス。確かジャブローにはこのペガサス級の二番艦も居ったはずだけど、シリーズには登場せず、Zでは母艦がアーガマになってしまうので、こんなシルエットを持つ戦艦はこれで終わってしまうのだ。このホワイトベースがア・バオア・クーに擱座する姿が見たい。さぞかし泣ける。ありがとう、ホワイトベース。懐かしさで震える映画でした。


アニメ記事一覧に戻る
映画記事一覧に戻る

庵野秀明展を鑑賞する。


どうも思ったほど人が行ってない様なのでフラっと訪ねてみました。懐かしいJR天王寺駅。


うわー、空中回廊(歩道橋)健在だー。ここで数多のアマチュア映画が撮影されたことか…。


展覧会はあべのハルカス美術館で開催中。ここは元近鉄ターミナルビルがあったとこだね。


16Fの展望台。


高さ300メートルを超える有料の展望台はこの50階上。


ここでもいい見晴らしだ。左の奥が天王寺公園と大阪市立美術館。


あべのハルカス美術館に到着。常設展とかはないのね。どういう趣旨で置かれたのかしら。

「庵野秀明展」図録
展覧会図録 4620円

内容は一部を除いて写真撮影も可だったようです。
入場料は大人1900円。当日券があったので苦もなく入場。
一人のオタクが天下に我ありと号令するまでの歴史が辿れます。
当時の(DAICON III開催時)の熱気を懐かしく思い出しました。
そして一抹の寂寞感。
言葉にすれば「オレは庵野秀明にすら成れなかったな…。」という気持ち。
どっか馬鹿にしてたからね。
所詮借り物でしか勝負できんと。
石ノ森章太郎や樹村みのりにはそんな気持ちを抱かない。
「自分をみてごらん。いまの君ではたとえどんな翼がついたところで重たくて飛べないだろう」


関連記事
小さすぎる旅1
小さすぎる旅2
小さすぎる旅3
小さすぎる旅4
峰竜太という男。
雨の妙見山。
BOTTOMS!
湖西線を北へ。
残してるならともかく、完食して飽食とは。
結氷の音を聞く前に。
少佐はやはり宇宙がお似合いですなぁ。
延喜式内神足神社。
マキノ高原林道西山線。
庵野秀明展を鑑賞する。

「グッバイ、ドン・グリーズ!」を鑑賞する。

画像

「グッバイ、ドン・グリーズ!」パンフレット
「グッバイ、ドン・グリーズ!」
配給:KADOKAWA
制作:MADHOUSE
原作:Goodbye,DonGlees Project
脚本:いしづかあつこ
監督:いしづかあつこ
2022年2月18日封切り

全然うわさが聞こえず、打ち切りもあり得ると見てあわてて鑑賞してきました。平日初回とは言え観客はわし一人。貸切でした。
正直地味です。エロい女の子がアニヲタの興味を引くでもなし、宇宙や異世界に転移するでもない。田舎に住む中学から高校に上がったばかりの馬鹿三人組の小さな冒険の物語。誰もが想像する「スタンドバイミー」や「グーニーズ」の様な映画。

だが監督はあの「宇宙よりも遠い場所」をモノしたいしづかあつこだ。それだけで終わる訳がない、と思いつつの鑑賞でしたが正解でした。
面白かった。
「もし明日世界が終わるとしたら、何を後悔し、何を望むか?」そして冒頭から明かされる喪失。
この導入で上記三作品が気に入ってる人なら見て損はない。非常に上質な映画体験を約束できる。
が、映画とはハリウッド式の開始5分で観客鷲掴みなエンタメでないと!なひとは「ウェストサイドストーリー」でも行かれるが良かろう。
もちろん観てないが、スピルバーグの新作だしなー…。


アニメ記事一覧に戻る
映画記事一覧に戻る

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」を鑑賞する。

画像

「閃光のハサウェイ」パンフ
「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」
配給:松竹
制作:サンライズ
原作:富野由悠季
脚本:むとうやすゆき
監督:村瀬修功
2021年6月11日封切り

長らくの映画館いじめがこの6月から解除されたので開巻1番に拝見してきました。
なんか時間が短い…。原作を読んでないのでこの話のボリュームがわからないが、これでは顔見せぐらいで終わるのでは…と思ってたら三部作の一作目なのね。村瀬修功(虐殺器官)・渡辺信一郎(カウボーイビバップ 天国の扉)ペアのリアルな描写に目を見張る。本当にこういう機動兵器が日常にあるかの様な自然さだった。

話はアクシズ落下作戦から十数年後「逆襲のシャア」の直近にあたる。月から地球へ向かう高級シャトルにハサウェイ・ノアは乗っていた。降下中に軍人らしいケネスや不思議ちゃんモデルっぽいギギと知り合うが、マフティを名乗るテロリスト集団にハイジャックされてしまう。マフティの主張は全人類の宇宙移民だったが、このテロリストたちはどうも身代金が目的らしい。ギギの心の声を聞いた気がしたハサウェイは制圧に立ち上がる。
村瀬作品としては非常に観やすく、親切な展開だったが、なんかこう外連味というか、えー!みたいな驚きは足りなかったかな。市街地を盾に逃げようとするマフティのモビルスーツに対して遠慮会釈なくミサイルを放つ連邦軍の描写、トミノ作品では空襲と合わせて定番の戦闘描写だけども、「司令官が変わっただけでこの違い」というセリフによって軍にもテロリストにも戦闘を拡大することに忌避があることが知れてしまう。しかも軍にその一歩を踏み込ませたのは要人暗殺を手段とするマフティなのだ。アムロもシャアも居なくなった世界で正義と信ずるハサウェイを止められるのは、ケネス率いるキルケー部隊か、ニュータイプの覚醒か。
ロンド・ベルに居場所がない理由とか、クエス・パラヤは話しかけてこないのか、は次作以降に出るのかなー。

丁度Z三部作をTVで観たばかりだったので、面白かった。隔世の感がありました。


アニメ記事一覧に戻る
映画記事一覧に戻る

訃報:アニメーター大塚康生さん死去

 「ルパン三世」「未来少年コナン」「じゃりン子チエ」などで作画監督を務めた名アニメーター、大塚康生(おおつか・やすお)さんが15日、死去した。89歳だった。葬儀は親族で行う予定。 1931年、島根県生…

情報源: アニメーター大塚康生さん死去、ルパン三世の作画監督:朝日新聞デジタル

とうとうこの時が来たか…。ご冥福をお祈りします。ありがとうございました。😢

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を鑑賞する。

画像

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」パンフ
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」
配給:東宝・東映
制作:スタジオカラー
原作:庵野秀明
脚本:庵野秀明
監督:鶴巻和哉/中山勝一/前田真宏
2021年3月8日封切り

前作:Qから十年ぶりの完結編「シン・エヴァンゲリオン」を観て来ました。
面白かった!
以下ネタバレあり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダウナーな内容だった:Qのその後から話は始まるが、なんと開幕巻頭はパリ凱旋門をめぐる戦闘だ!なんかそんな気はしてたんだが…。
花の都パリもLCLの海に沈み人は居ない、がどうもシンジインパクトの前から対ネルフ用の装備がヴィレによって保管されていたらしい。
ネルフはもはや見境なしに人類を攻撃しており、その技術力は使徒の生物兵器化も 可能にしている。
そして:Qでは描かれなかった難民の生活!旧箱根の難民キャンプには成人した鈴原や相田がッ!ここが泣ける!
:破で出て来たLCLの無害化装置がこんなところで生きてくるとは!
シンジが必死で頑張っていたことを知っている鈴原や相田はシンジを責めない。
ネルフ以外の生活を知らない黒波は見るもの聞くもの新鮮で興味津々だ。
人間としての情動を揺すぶられた黒波はシンジにも村での生活を勧める。
そして明かされる式波と黒波の秘密…。なんという下劣なことを…。
ネルフ許すまじッ。
黒波の別れの挨拶を聞いたシンジはヴィレに戻る決意を固める、父を止めなければと。
人類補完計画の最終段階を実行するべく、原罪の地南極を再び開こうとするネルフに対し、最終決戦を挑むヴンダー。
戦いの火蓋は切って落とされたッ!
クァー!燃える!泣ける!暴力や恐怖では解決しない闘争!
:序を観た時にチルドレンを救う話にしたいのかなぁと思ったけど、見事に救ってくれた!
エヴァンゲリオンが存在しない世界の創生。漫画版のラストのような爽快感。
まさに新世紀!
ようやく宿題を終えましたな、庵野氏ッ。お疲れ様でした!👍


関連記事
「ヱヴァンゲリヲン:序」を鑑賞する。
「ヱヴァンゲリヲン:破」を鑑賞する。
「ヱヴァンゲリヲン:Q」を鑑賞する。
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を鑑賞する。

アニメ記事一覧に戻る
映画記事一覧に戻る

「魔女見習いをさがして」を鑑賞する。

画像

「魔女見習いをさがして」
「魔女見習いをさがして」
配給:東映
制作:東映アニメーション
原作:東堂いづみ
脚本:栗山緑
監督:佐藤順一/鎌谷悠
2020年11月13日封切り

ハッピーとラッキーを届けるべき相手には届いていない様だ‥。
「おジャ魔女どれみ」20周年記念作品として15年ぶりの新作映画を観て来ました。
平日とは言え、貸し切り状態で女性の姿はなく、嗚咽もツッコミも誰憚るところがありませんでしたが、面白かった。
主人公の三人は身も心も大人のとば口に立った立派な女性。だがそれぞれに社会との間に問題を抱えており、かつて熱中していたアニメ「おジャ魔女」のMAHO堂のモデルになった洋館が鎌倉にあると言う記事に引き寄せられ、性格も立場も違う三人は出会い意気投合し連絡をやり取りする仲に。
「大人になったら」と当時はそんな先の事はわからないと思っていたが、いざ大人になるとなんか思っていたのと違う。「おジャ魔女」の足跡を辿る旅はそのまま彼女らの鬱屈が因って来たるところを辿る旅に。魔女見習いの時代を過ぎて、魔女となった彼女らの見つめる先とは。

これ女性三人衆だと聖地巡礼も自分探しも絵になるけど、男が三人寄り集まっても臭いの不潔の黙って働けの言われそうで理不尽この上ない。ダメ女を振り払って新天地を求める男は大抵の場合エゴイストと呼ばれるが、この話では武勇譚だ。
男の魔法使いは一部を除けば大体ろくでもないものと相場が決まっているのも納得いかないが、三人の魔女の未来には幸あらんことを。


アニメ記事一覧に戻る
映画記事一覧に戻る