「インディ・ジョーンズ:運命のダイヤル」を鑑賞する。

画像

「インディ・ジョーンズ:運命のダイアル」パンフレット
「インディ・ジョーンズ:運命のダイヤル」

配給:東宝/ディズニー・スタジオ
制作:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ/ルーカスフィルム
原作:ジョージ・ルーカス/ローレンス・キャスダン
脚本:ジェズ・バターワース/ヘンリー・バターワース/デヴィット・コープ
監督:ジェームズ・マンゴールド

2023年6月30日封切り


映画記事一覧に戻る

「君たちはどう生きるか」を鑑賞する。

画像

「君たちはどう生きるか」パンフレット
「君たちはどう生きるか」

配給:東宝
制作:スタジオジブリ
原作:吉野源三郎
脚本:宮崎駿
監督:宮崎駿
2023年7月14日封切り

ミヤさんの新作を鑑賞して来ました。
鈴木PDの思惑など知りませんが、ネタバレを忌避される方は観賞後にお読みください。


関連記事
「ハウルの動く城」を鑑賞する。
「ゲド戦記」と「崖の上のポニョ」のこと
「借りぐらしのアリエッティ」を鑑賞する。
自信と実力「フラクタル」と「放浪息子」を観て。
「コクリコ坂から」を観賞する。
「風立ちぬ」を鑑賞する。
「思い出のマーニー」を鑑賞する。
「君たちはどう生きるか」を鑑賞する。


アニメ記事一覧に戻る
映画記事一覧に戻る

「おしかけツインテール」8巻を読了する。

画像

「おしかけツインテール」8巻
「おしかけツインテール」8巻
まんがタイムコミックス
著者:高津ケイタ
出版:芳文社
初版:2023年7月21日
購入:2023年7月8日
価格:792円(税込)


関連記事
「恋愛☆SLG」1巻を読了する。
「恋愛☆SLG」2巻を読了する。
「おしかけツインテール」1巻を読了する。
「おしかけツインテール」2巻を読了する。
「おしかけツインテール」3巻を読了する。
「おしかけツインテール」4巻を読了する。
「おしかけツインテール」5巻を読了する。
「おしかけツインテール」6巻を読了する。
「おしかけツインテール」7巻を読了する。
「おしかけツインテール」8巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る

「おたがね¥」2巻を読了する。

画像

「おたがね¥」2巻
「おたがね¥」2巻
YKコミックス
著者:小野寺浩二
出版:少年画報社
初版:2023年7月13日
購入:2023年6月30日
価格:814円(税込)


関連記事
「おたがね¥」1巻を読了する。
「おたがね¥」2巻を読了する。
「おたがね¥」3巻を読了する。


漫画記事一覧に戻る

つぶやき備忘録:2023年四月〜六月

2023/4/3
月光仮面も鉄人28号も権力側ですがのう。鞍馬天狗は維新の味方で新撰組の敵。

2023/4/4
聞き齧りの知識で「俺の考えた最強の歴史」を開陳し、無双を夢見るも相手されず、似た様な誰かを応援する事で、世の中に貢献しているのだと吹聴する、花粉並に香ばしい若者が登壇する季節。近頃香ばしいのは若者に限らないが。

2023/4/23
今日はHDDがクラッシュしたの。大事なデータはバックアップがあるけど、昨日録画したブラタモリは消えてしまった…。日曜日の癒しが。

2023/5/3
昭和の漫画家にとって原稿はただの通過点、過去のものなんだろうけど、読者やファンにとっては、宸筆でありモーセの石板に匹敵する。それがかくもぞんざいに扱われようとは。

2023/5/4
「戦争反対はみんなそう」そうだねぇ、プーチンだって戦争には反対だろうよ。いじめっ子もいじめは良くないと言う。「ただあいつらにも隷属する権利があるからさ」と自分に都合の良い理屈を付けたがる。君らがやってるのはそれと一緒だ。反撃能力は欲するが自分で銃は取らない。

2023/5/4
政府は昨年の教育勅語復活に続いて隣組を復活させる事を閣議決定し了承しました。これによりヤングケアラーや老老介護などの諸問題は解決するものと見て自信を深めています。「隣の不幸は自分の不幸。日本人ならではの助け合いの精神でこの危機を乗り越えましょう!😃」(虚報)

2023/6/2
ああ。自分はこんな愚かな真似はしないと思っている訳だね。自分は歳を取らないぐらいの気持ちで。老いぼれない人は滅多に居ないが、それに比べれば無いではないか。まぁ頑張ってくれ。加齢してからの無様は自分より周囲の反応が違うぞ?

2023/6/2
頭がアベ色に染まっている人には高市さんが立派な人に見えるらし。

2023/6/13
梅雨というのは昔はシトシトウツウツと降るものだったけど今の人にはもう土砂降りがいつまでも続くものなんだろうか。「未来」という言葉の捉え方も変わってそうだな。

2023/6/13
前半の和気藹々な学園ドラマがあるから後半の戦争が無惨に感じる。知ってる人が、仲良くなれそうだった人が、遠慮会釈なく殺される。知らないどこかの誰かじゃない。昨日まで机を並べた学友だ。

2023/6/16
自分が気に入らないものを蹴り飛ばすのに「子供が」「女性が」とねちねち理由を捏ねくり回すのは実にみっともないね。暴力を振るっているという自覚はある訳だ。

2023/6/21
そもそも漫画なんか表現の端くれにも数えられない大らかな世界から来たので(後に悪書追放運動を知るが)汁の滴るエロいのや吐き気を催すグロいのも巷に溢れてて欲しいのだけど、そんなのは現実でお腹いっぱい、目に入れたくないと言う人の気持ちも分からなくはないので、RTやいいねの手が止まる。

2023/6/28
ツイッターが何らかの制限をかけてる訳ですが、「自分が悪いのか?」「何もしてないのに」ぐらいまでは分かるけども「悪い奴が居るから」「とばっちりでいい迷惑」辺りからは陰謀脳の臭いがします。いいですか?これはイーロン・マスクの策略です。軽挙妄動は控えましょう。(陰謀論)

2023/4/3~2023/6/28

「姫様はおあずけです」1巻を読了する。

画像

「姫様はおあずけです」1巻
「姫様はおあずけです」1巻
裏少年サンデーコミックス
著者:篠房六郎
出版:小学館
初版:2023年6月24日
購入:2020年6月21日
価格:715円(税込)


関連記事
「篠房六郎」関連項目


漫画記事一覧に戻る