大阪民国(ダイハンミンコク)を建てよう。

大阪民国(ダイハンミンコク)を建てよう。
名前は煩わしいネトウヨ様に退去して頂く方便だから、
別に大阪民主主義人民共和國でもいい。

この国では46年日本国憲法を尊重し、祖法とします。
まず東京皇居からどなたか内親王殿下に御動座頂く。
男系の皇統は日本国が手放さないだらうから、
こちらは姫様が喜ばしい。
南朝の復活だ。

出来れば畿内、京都、大阪、奈良は国土として押さえたい。
ヤマトのまほろばは我々が牛耳った。

原発を国のエネルギー機関と定め、関電に独占権を与えます。
ただし、放射能の守り人として、その汚れを一身に引き受けて頂く。
嫌だと云うなら即刻廃炉だ。

畿内の自衛隊や警察、消防署などは国際救助隊に格上げ。
国境など守らんでいいから、困っている人の所へ飛んで行け。

第二次南北朝時代は南朝の皇統断絶で終わる。
天皇位は人間が務めるにはあまりに過酷だからだ。

最終的には日本国再統一になればなお良い。
条件は自民党憲法の取り下げだ。
まぁ他はどうでもいい。

震災当日。

阪神淡路大震災の日は鎌倉に居りました。
目は覚めなかった。
朝起きてテレビを点けると阪神高速が横倒しになってた。
自宅の方は幸い大した被害もなかったのですが、
西宮の伯父の家は被災したらしい。
後日片付けの手伝いに伺いましたが、
猪名川の向こうとこちらで世界が変わってた。
コンクリやアスファルトが砂糖細工の様に
ねじ曲がってた。
何度もお参りした大楠公の湊川神社も倒壊。
思い出の場所のほとんどは瓦礫の塊で
見る影もありませんでした。
とは言え西日本の大動脈、復興は迅速だろうと
亡き父の見立てでしたが、確かにインフラの回復は早かった。

東北北関東大震災の日は大阪に居りました。
仕事中、気味の悪い横揺れ。
震源はどっか遠くだろうとすぐ判りましたが、
遠いのにこの揺れ方はと案じていると、大津波の映像。
まるでミニチュアの街を呑み込んで行く特撮の映像かと。

どちらも凄まじい破壊でしたが、直接の体験はなかった。
大阪には今でもその時に落ちた屋根を覆うブルーシートの
家がちらほら残っております。
あれも20年モノなんだな…。

極めて限定的な特定された秘密。

今は気分の時代だ。
論理でもなく法理でもない。
景気は概ね気分で決まると云う。
不景気が続くと気分が落ち込み、ますます不景気になる。
気分なんだから理由はないはずなんだけど、
誰かを犯人にしないと気分が収まらない。
ロリコンやホモ、スカトロジスト、移民、異教徒、在日朝鮮人。
マスコミは人権という正論を盾にしてこいつらを擁護し、
反日の策動を報道しない、
と云う事をネットで知った。
マスコミが覆い隠そうとした真実を知るツールがある。
政府が隠そうとしたってボクらにはネットがあるから大丈夫。
だから今の気分は反マスコミ。
マスコミが反対するものは自分らに取って正しい事だと云う気分。

狂った国民には狂った政府がお似合いだ。
ようこそ美しい国ニッポン。

徒然なるままに。

売国クソサヨクが申し上げます。

「どうしてわたしの前を車やバイクが遮るのかしら?目障りだわ。」
「…あなたの自転車が左側を走行してれば目につかなくなりますよ?」
「わたしが悪いって云うのッ?」
【とある右翼との会話】

「わたしは正しいンだから法の方が間違ってるのよ!こうすればイイんだわ!」
車やバイクは道の右側を走る事。
【改憲論議】

「秘密保全法が恣意的に運用される危険はありませんか?」
「政府が保障します。」
「政府が正しいと云う根拠は?」
「?何を云ってるンだ、お前は?」
【堂々巡り】

「横須賀の海軍基地の傍でしばらく働いてたんや。」
「おい、ちょっとこっちへきてもらおうか。」
「なんや?お前ら?」
「名乗る必要はない。国家機密を暴露したな?」
「国家保全Gメン、ゲシュ・タポンかッ?横須賀の事か?そんなもん誰でも知ってるやないかッ?」
「また誰でも知ってると云う秘密を暴露したな!さては売国奴の仲間か?」
「安心しろ。いま住民基本台帳からお前の記録を消した。お前が帰らなくても誰も困らない。」
「そんな…」
「皆さんは何か見ましたか?」
「何の事ですか?お務めご苦労様です。」
「うむ。よき国民たれ、よき消費者たれ!」
「よき国民たれ、よき消費者たれ!」
【明るく正しい国家】

「漫画なんか読んでる下劣な大人を減らして民意を高めないと。こんな国日本だけですよ!」
【清く正しい芸術の国】

さてそろそろ密告の危険性があるな…。
「ヘヘヘ、自民党の旦那、こんな反日クソ野郎が辺りを徘徊してますぜ?」
「む、けしからんな。通報ごくろう。年収をあげてやろう。」

しびれるねぇ…。

美しいニッポンの明日を考える。

と云うか似た様な下衆いクズがうちに居りますのでね、
皆さんの云う解決策ではいずれ殺さんとならんのですよ。

殺さいでも殴って黙らせればいい、とかおっしゃいますがね、
それはいじめっ子とかヤクザの発想ですわ。
殴られた方は黙るかも知れませんが忘れはせんのですよ。
伺ってますよ、あなたが弱るのを。
ここぞと云う時にトドメを刺す為にね。
いじめられっ子なら判るはず。

憎み続けるのも力が要るのでね、機会がなかったら
いずれ忘れるンですけど、あいつら馬鹿ですから
忘れさせてくれんのですよ。

あの頃はみんなが俺にひれ伏してたよなッとか。

つまりそれが靖国問題。

後顧の憂いを断つにはね、殺すしかないんですよ。
でなかったらそこには触れない様にする。

そのどちらかです。

でもわたしには逃げ場がないので触れない訳にはいかない。
かつ、やり過ごせる程大人しい相手でもない。

憎むと云う解決策ではダメなんです。